文明の選択

常夏の国の自販機は、仕事をしないことがある。

釣りを返さなかったり、商品が出てこなかったり、その両方であったり。

短期間に複数回の不具合に遭遇すると、自販機を警戒し、

人のいる売店が周囲にないことを確かめてから、商品と同額の金額の投入、商品が出てこなかったら運が悪かったと諦める。それらはえてして少額なので、係の人への国際ローミングの電話代のほうが高く付くだろう。

自販機が仕事をしない、といったが、正確には、自販機に関わる人々の自販機を維持管理するシステムが不完全である、ということである。

さらに、不完全、といったが、人為的なシステムの完全稼働を至高のものとして追求する精神的背景がないのかもしれない。それは彼らが彼らの神が作り給うた完璧な世界の美しさを愛でることと矛盾はしまい。

それはそれでよいことだ。顧客側になるときに多少我慢すれば、働く側でより自然体でいられる。

しかしなぜだろうこのモヤモヤは。。。私が他の文明の世界の人間であるからか。
自販機様に奉納した僅かな金に執着する卑しき精神のゆえか。。。


[PR]
# by aqua-magna | 2017-08-19 10:19 | 駄文

ポンポン山

グーグルマップの英語表記が

'Mt. Ponpon'

であるのが若干をかし。
[PR]
# by aqua-magna | 2017-08-07 18:16 | 言葉

海外でwifiを使う

空港でwifi用機器一式を借りるスタイルを採用するならば、渡航先空港で現地の会社のものを借りたほうが良いかもしれない。

①日本語や日本人スタッフのサービス料を省く(中間マージンをカット)
②レンタル日数の節約(長距離フライトの場合)
③レンタル制度や補償制度の違い
④為替レートによる差額
⑤物価の違い

①や②は説明不要だろう。

③の場合、日本の業者の破損や盗難に対する保険料はレンタル日数に比例する場合が多いのに対し、海外の場合は、一定額を預けて何事もなければ全額戻ってくるデポジット制の場合がある。滞在期間が長い場合日本の業者は保険料がかさむ。

④為替レートとにらめっこして頑張ればちょっと日本円で注文するより安くなるかもしれない。

⑤現地の通信料を直接払うほうが安いかもしれない(物価や規制等と関係?)。

尚、本記事により損害が発生しても筆者はなんの責任も取りません。あしからず。
[PR]
# by aqua-magna | 2017-08-07 18:04 | 駄文

『雛鳥』

トランジスタ工場倒産、乙女たちのその後は…?

昭和の日本を支えた乙女たちの物語は続く。

毎日iPhoneでインターネットラジオでイギリスの放送を聞いている。

そこに昭和の郷愁は微塵もない。

だがしかし。

トランジスタラジオだろうとiPhoneだろうと結局は変わらない。

中国のアップル下請け工場で可憐な乙女たち(たぶん)がiPhoneを一生懸命組み立てている。その一人ひとりに笑いあり涙ありの萌える青春物語がある(たぶん)。そして、そんな乙女たちが何億人もいる(たぶん)。

iPhone、大切に使わせていただきます(ほんと)。

[PR]
# by aqua-magna | 2017-06-06 00:15 | 駄文

『ひよっこ』

いまのところ、サブタイトルをつけるとすると、

『ひよっこ ~向島電機乙女寮へようこそ~』

なんか、昭和上京娘萌えラノベがアニメ化、もとい実写化したような感じかと。
みなさんあざとい。。。

[PR]
# by aqua-magna | 2017-05-24 22:55 | 駄文

言葉遊び

たとえば、一国の憲法や真剣な信者のいる宗教の聖典などの言葉を解釈したい場合に、その一言一句の意味を丁寧に検討することを「言葉遊び」と呼ぶのなら、そう呼ぶ人は結局言葉を大切にしていないのだと思う。自分の思いこんでいるとおりにしかテキストを読めない人は、言葉の本質を知らない。
[PR]
# by aqua-magna | 2017-05-12 18:47 | 言葉

神は多重人格者か?

一神教とならざる私と、或る基督教徒との議論の後、ひとつの可能性に到達した。

唯「一」神は「多(→無限大)重人格者」である。逆に、「多(→無限大)」の集合体或いは統合体或いは混合云々としての「一」も同時に認める。

神に人格なるものが存在するかどうかはよくわからないけれど、一つの神に全人類(或いは全てのモノゴト)の多重さを要求するならば、一神教と多神教の矛盾は解消する(基督教の教義からは外れるかもしれないが、三位一体を認めるのならば多位一体(多→無限大)もアリかも)。

特に新しい考え方ではない。昔から有る説だとおもう。

しかし、この世の人格をすべて兼ね備える存在としての神と一体である精霊が運ぶ真実の教えやらなんやらは、一神教の教義の多様性を説明できるし、多神教の神が何か一つのものの側面とか限定的顕現とかに類いするものであるなら、あるいは全員集合した集合体が唯「一」神としての格を得るならば、唯「一」神は全知全能であり得るだろう。
[PR]
# by aqua-magna | 2017-05-05 19:43 | 駄文

ひよっこ

『雛』はいいとして、「出稼ぎ労働者」は本当に「农民工(農民工)」で良いのでしょうか?
[PR]
# by aqua-magna | 2017-04-17 23:50 | 言葉

利己的

韓国語で「利己的」を「이기적(利己的、イギチョッ)」と発音する。

漢字を使わない国のこと、どのような言語感覚なのか、韓国人留学生に聞いてみた。

「イギ」は、単独では意味のない言葉。日常単独で使われることはない。「イギ・チョッ(利己的)」や「イギ・チュウィ(利己主義)」と複合語をつくって初めて意味を成す。

だそうだ。

非常に興味深い。日本語でも語源を忘れた言葉はこのような現象を起こすだろうか?
[PR]
# by aqua-magna | 2017-04-17 18:36 | 言葉

砂糖

韓国語で砂糖を「설탕(雪糖、ソルタン)」という。日本語の「砂糖」より白っぽくてきれいな感じがする。

同僚の韓国人留学生曰く(要約)、

「たぶん、歴史上、日本人は精製された白い砂糖よりも砂のような色の砂糖を多く見てきたのだと思う。韓国人は砂糖を白く精製できる技術が発達してから砂糖を輸入し始めたから、砂糖といえば雪のように真っ白なモノだったんじゃないでしょうか」

韓国では気候的にサトウキビの栽培はないらしいので、有り得る話であるが、どうなのだろう。

黒砂糖は「흑설탕(黒雪糖)フッソルタン」。糖尿病よりも中二病になりそうである。


[PR]
# by aqua-magna | 2017-04-01 13:17 | 言葉

京都 ー一部と全部ー

物事の全部を知ることは不可能である。研究者は限られた量や質のサンプルを、何らかの説得力のある方法で得て、制限された方法で新たな知識として再構成して、全体のモデルを模索する。

人体の一部が机の上に転がっていたとすると、その欠損感は半端ではない。グロテスクですらあろう。しかし、然るべき場所、例えば火葬場の台車の上に骨が散らばっていたとしたら、多少の納得はいく。そこには文脈があるからである。たとえ欠片であろうとも、然るべき説得力のもとに、骨がそこにあるからである。そのうちの一部を採取して、他は残して去っても、まあ違和感を感じはするが、すべてを完璧に集める手間暇の不合理を優先するものではない。

文脈を構成することが、人を納得させ、合理性が感情を整理する。知の発見とはなんと人間的な仕事であることか。


More
[PR]
# by aqua-magna | 2017-03-19 11:19

宇宙戦艦ヤマト

地球を滅亡から救うべく宇宙へ旅立つ宇宙戦艦ヤマト。子供の頃から好きなTVアニメであったが、大人になってやっと乗員が日本人しかいないことに合理的な理由が挙げられるようになった気がする。

理由①:余計なトラブルの防止

漫画『テラフォーマーズ』の世界では火星でのプロジェクトそのものが国際的な駆け引きになっているのだが、巨大プロジェクトはカネがかかるしカネや技術を出す人々それぞれの思惑が絡み複雑になってゆく。人類滅亡までギリギリの状態になって、そんなことをやっている余裕はないと『ヤマト』の世界の「人類」は判断したのだろう。他の国の人々は複雑な思いで乗組員以外のスタッフとして後方支援に回ったに違いない。そして、艦内の言語的文化的な統一は長い密閉空間での航海に有効であるのかもしれない。国際プロジェクトはソフト面での難しさが多いのだ。但し、この理由だけでは何故特に乗員として日本人が採用されたかの謎が残る。

理由②:乗員の士気

大日本帝国海軍の象徴とも言える戦艦大和の再生という極めてナショナリスティックな要素を含むプロジェクトであるため、他国のスタッフが乗艦に消極的或いは拒否したのかもしれない。何故戦艦大和がプロジェクトに採用されたのは謎だが、ナショナリスティックな士気が戦争に有効なのは否定出来ないだろう。劇中で乗員らによる「天皇陛下万歳!」とか「俺達日本人が地球を救う」とかいう発言がなかったのは、放送時の社会的背景からカットされたからに違いない(戦時中に放送されてたら間違いなく連発されたはず)。或いはガミラス帝国主義への皮肉を意味したのかもしれない(そんな余裕あるのか?)。
[PR]
# by aqua-magna | 2017-01-14 11:24 | 駄文

3X歳独身で

実家のお隣さんの4歳になるお嬢さん、庭に出た私に満面の笑みで手を振って曰く、「magnaさんのお父さん!」。父は留守です、すみません。
[PR]
# by aqua-magna | 2016-12-31 13:35 | 3X歳独身で

生涯年収

「生涯年収」って何だろう? 

気持ち悪い言葉だ。。。吐き気がする(冗談です)。

一生涯、年単位で収入を得ることか?月給取りや日雇いやアルバイトは含まず、プロ野球選手等年俸契約者なら生涯年収を得そうだ。

「生涯賃金」と同じとすると、賃金労働者でない人、例えば資産運用で生活しているひとは生涯年収を得ていないことになる。雇われる立場でないと収入をカウントしないことになる。

一般的な使用例から私の経験則で判断するならば、「生涯年収」とは、一生涯に得る収入の総和のことだとは思うが、サラリーマンの場合は税金や保険料を引く前の額面の給与や賞与の生涯分の総和のことのように思える。ここでは「年収」は「収入」と同義である。なぜ「年」を強調するかは、月収だと月給の額面のみを足し、賞与の多寡を問題にしない人がいそうだからだろう。そうすると「生涯収入」は賞与を含まない?

指標として役に立ちそうな金の溜まりや動きに名前をつけて厳密に定義して、定義に従って計算して結果を分析するのが経済学(のうちのある分野)なんだろうと漠然と思っっているけれど、たぶん、「生涯年収」は曖昧すぎて学問的用語ではないのだろう。


実験する学問の場合、言葉の定義に従ったら考慮して考察すべき部分でも、実験系の物理的あるいは経済的等の限界で考慮できていない部分が、ほとんど必ず存在する。その限界を最初に念押ししてディスカッションを始めるべきだと思うのだけれど、なかなか難しい。先行研究の手法を真似しただけの学部学生なら爆死する。しかし、本当に自分が扱いたい概念と、自分の実験で扱える項目のギャップを理解しない研究はありうるのか?それはその「研究者」の「研究」の定義にかかっている、たぶん。
[PR]
# by aqua-magna | 2016-12-24 12:46 | 言葉

The Rice Mother

読書: Rani Manicka 著 "The Rice Mother"

セイロンの村で元気いっぱいに育った少女は、14歳で騙されて既婚の中年男に嫁ぎマラヤに渡る。彼女は逞しく生き抜き、やがて長男の嫁に「蜘蛛」と呼ばれる姑へと成長する...マラヤからマレーシアへ、あるインド系家族4代の構成員のそれぞれの独白を通して、家族とは何かを問う感動の長編!

南国でまったり異文化に対する調和とかなんとか建前を並べる小説、では決してない。登場人物たちは友情を結びつつ、ときには偏見や嫌悪感すら露わにする。家族の中にも愛情とともに残酷な殺伐さを描きまくる。

***

マレーシアの小説には、戦争絡みで「日本」がよく登場する。この小説も例外ではなく、主人公たちの家族は第2次対戦の日本占領時代を経験する。そしてその受難ゆえ登場人物たちは日本人に対する憎悪で満ちている。いっぺんの妥協もない憎しみ。日本の小説でマレーシアが描かれることはあまりなく、マレーシアにインド人がいることすら知らない日本人が多いであろうギャップにたじろぐ。マレーシアのインド人は日本占領時代を好意的に受け止めているという情報もあるが、どうなのだろう?人によるのではないか?


***

邦訳も出版されているようだが、英語の原著で読んだ。さほど難しいわけではないが、長いので時間がかかる。ネットの古本屋で800円位だったが、ずいぶん長い時間充実した読書をできたので非常に得をした気分である。
[PR]
# by aqua-magna | 2016-12-13 00:10 | 読書

アウン・サン・スー・チー

昂山素季(たかやま・もとき)

作家のペンネームでいそうな気がする中国語表記。

အောင်ဆန်းစုကြည်

同一人物とは思えません。
[PR]
# by aqua-magna | 2016-12-01 10:31 | 言葉

ゆうちゃんの収入源

さだまさしの名曲『償い』の「ゆうちゃん」の収入はどうなっているのだろう?

さだまさし 償い 歌詞
http://j-lyric.net/artist/a0004ab/l0015ea.html

薄い給料袋の封も切らずに郵便局へ向かう「ゆうちゃん」、彼がそれを全額事故の被害者に送金しているとするならば、彼はどうやって生活していたのだろう?

①「ゆうちゃん」は貯金が十分ある。
②語り手は知らないが、「ゆうちゃん」には給料の他に収入がある(不動産、株式、副業等)。

「薄い」給料袋を送金に当てているとするならば、「薄くない」収入を自分用に確保している可能性がある。だとすれば「ゆうちゃん」のイメージは随分違ったものとなるだろう。

まあ、郵便局で開封して分別している可能性もあるけど。
[PR]
# by aqua-magna | 2016-11-25 20:04 | 駄文

駅で

あ、うっかり入ってしまった。今日は約束があったのだ。

財布の中を探す。

「財布のままで結構ですよ」

「そりゃ、そうですよね~」

More
[PR]
# by aqua-magna | 2016-11-20 00:25 | 駄文

海外ホテル予約

最安値を出すという触れ込みのトリバゴなるサイトを使ってみた。

trivago.com
http://www.trivago.com/

日本語版もあるのだが、英語版でもワンクリック(+JPY選択)で日本円で計算してくれる。

日本語版
http://www.trivago.jp/

More
[PR]
# by aqua-magna | 2016-10-29 18:18 | 駄文

届け出

なんでも、海外に渡航する際は、須らく指導教官印のついた渡航届を大学に提出しなければならなくなったらしい。フォームを見る限り、研究や学会目的はもちろん、プライベートでの旅行や留学生の帰省も含まれるようだ。

一般の会社ではどうなっているのだろう?プライベートで海外旅行に行くのに、上司の許可が必要とかってのは、ブラック企業の仲間入りなのではないだろうか(「こいつこの忙しいのに休暇で海外。」。とかいちいち職場にバレる)?
[PR]
# by aqua-magna | 2016-10-29 12:02 | 駄文